振込手数料が安い!?インターネットバンキングのメリット

人件費がかからないので手数料を安くできる

インターネットバンキングを利用するメリットの一つに、振込手数料が安い、または無料であることが挙げられます。自分の口座にある預金を別の口座に振り込み方法として、振込用紙に必要事項を記入して窓口に提出して振り込む方法、キャッシュカードをATMに挿入し、振込先の口座番号などを入力して振り込む方法がありますが、ネットバンキングの振り込みはこれらの方法と比べてもっとも安いのが一般的です。
なぜ安いのかというと、一番の理由として挙げられるのは余計の経費がかかっていないからということがあるでしょう。たとえば、銀行の窓口から振り込みを依頼する場合、人を介して行うので当然、人件費がかかります。しかし、ネットバンキングからの振り込みであれば、コンピューター上で完結するので、その分、安くできるというわけです。

ネットバンキングでも銀行によって手数料はばらばら

ただ、注意しなければならないのは、インターネットバンキングであれば、どの銀行でもまったく同じ手数料で振り込めるというわけではないという点です。たとえば、Aという銀行のネットバンキングだと振込手数料は210円なのに対し、Bだと150円、Cだと100円といった風に料金はばらばらなのです。また、A銀行の場合、月三回まで振込手数料が無料なのに対し、B銀行とC銀行は振り込む際は必ず手数料がかかるという風に、無料回数にも違いがあります。
なので、振込手数料を安くすることを目的にインターネットバンキングを利用する場合は、どの銀行を使えば一番安くできるのかじっくりと比較するようにしましょう。預金額や給与振込口座にしているかどうかで振込手数料が一定回数付くというところもあります。

クレジットカードで決済をすると便利なのが、財布にスペースが出来るし小銭でかさばる事がなくなるという点です。カード会社によっては更に特典が付くこともあるのです。