CVSネット決済でいつでも好きな時間に決済を!

コンビニを利用した決済で利用しやすい

代金の支払いで、クレジットカード決済以外にCVSネット決済を採用するネットショップも増えてきました。CVSネット決済は、商品が届く前にコンビニの端末機とレジを利用して支払う方法です。年中無休で開店しているコンビニを利用できることで、曜日や時間を気にすることなく支払いができますし、銀行振込の手数料よりも安価に済ませられます。
さらに、CVSネット決済を利用すると、購入をした時に通知した固定電話の番号、もしくは自分名義の携帯電話番号と注文の受付番号があれば、決済手続きが可能になります。必要最小限の個人情報だけで良いので、安全上の理由で、なるべくネット上で自身の情報を入力したくないと考えている方にも用いやすい決済方法でしょう。事情があって、クレジットカード決済が不可能な方でも使えます。

CVSネット決済手続きの手順

購入手続きを終えた後に、ショップからメールで決済に必要な受付番号が通知されます。コンビニによっては、番号が付いたメールや印刷した用紙をレジで見せることにより、即座に支払いが出来る場合がありますが、ほとんどの店舗では、店内にある端末機を利用する方法が一般的でしょう。
端末機に、購入時に連絡先に指定した電話番号と、メールで通知された受付番号をタッチパネルで入力します。決済者と金額、相手先等を確認したら、端末から払込票を印字します。払込票は30分くらいまでは有効ですので、その間にレジで渡して、通常の買い物と同様に支払いを済ませます。規定の時間を過ぎると無効になり、端末機の入力をやり直して発行しなくてはいけません。
支払いは現金でも構いませんし、クレジットカードでも良いとする所が多数です。提携しているネットショップであれば、決まった電子マネーで決済することも可能です。